TEAM:A.B.C. Family!Z 初の合同単独コンサート開催記念・A.B.C.-Zファミリーによるチームブログ。

初の合同単独コンサート開催記念・A.B.C-Zファミリーによるチームブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

たくさんのありがとうと未来へ

author:じゅん


はじめまして。橋本担のじゅんと申します。担当は平成生まれの男の子ですが、私は五関さんより年上の昭和生まれです(恥)。1ヶ月ほど前からA.B.Cファミリーのかたのブログやこちらの企画を拝見して勝手に親しみを覚えていたのですが(すみませんm(__)m)、なかなか勇気が出ずに今日になってしまいました。
横浜アリーナ公演を見て色々と湧いてきた想いがあり、大変図々しくて申し訳ないのですが、いち橋本(以下はっしー)担の想いを書き込ませて頂きますm(__)m。

最初、はっしーがA.B.C.に入ると聞いたときは一瞬心臓が止まったか?くらいビックリしました。以前、雑誌で「とっつーはお兄ちゃんなんだと思う」と発言していた時、裸の少年に一緒に出られたら嬉しいな〜と思ったのですが、まさかA.B.C.に入って一緒に歌って踊る状況になるとは思っていなかったというのが正直な気持ちでした。。どうなるかまったく想像つかないまま、あれこれ妄想する余裕もないままコンサート当日を迎えたのは初めての経験でした。

私が参戦したのは10/13(月)12時公演でした。

横浜アリーナではっしーを見るのは3度目です。
1度目は2007年9月、2度目は2008年5月のJUMPスプリングコンサート。色々な意味で、思い出深い公演になっています。

いつも誰かにジャレついているイメージだったハッシーが5月の公演のときにポツンと一人歩いている感じになってボンヤリ天井を眺めた瞬間を見た時、ファンとして一番不安が胸に渦巻いた瞬間でした。何か目標を見失っているようなフワフワした感じに見えたのです。ファンの声援には応えているものの、頑張りたいんだけど、いまひとつ気持ちがのらないようでもありました。

それがA.B.C-Zになって11人のお兄さまたちはどんな刺激を、パワーをくれたのでしょう?

顔を見た瞬間、今までとは違うと感じました。ダンスに遅れまいと必死な様子、元気よく伸びやかに歌う様子。。。集中力。。何を見ても胸がいっぱいになりました。中1くらいの、歌とダンスがちょっと上達して向上心があったころの気持ちがが戻ってきたようでもありました。でも、戻るのではなく、現実を15歳なりに受け止めて前進しようと戦っているようでもありました。

あぁこの一年、はっしーに決定的に足りないものはこれだったんだなぁって。まだまだお兄ちゃんメンバーに甘えたいという偽りない気持ちも感じましたし、「追いつきたい、やりとげたい」という気持ちをためらいなく全面に出していたようにも見えて、頼もしくも感じました。戸塚くんに紹介されてはにかむ様子、目つきが穏やかに、ニコニコ可愛く笑うはっしーも久しぶりに思えました。

めいいっぱいやるハッシーに五関さん、塚田くん、戸塚くん、河合くんのあったかい眼差しがあって、ファンの皆様もあったかくて、とても嬉しかったです。この場を借りてありがとうございますm(__)m。これからも暖かく見守っていただければ嬉しいです。

ファンの勝手な願いではありますが、5人で歩いていける未来であることを願っています。


乱文失礼いたしました。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 00:31 | comments(31) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

よい週末になりますうに

author:ゆうり


はじめまして、ゆうりと申します。
世界の隅っこでひっそり…日常の事に織り交ぜて。
A.B.C-Zに彩られる、それなりに楽しい日々を綴っていたりします。
ただし、果てしなくマイペースに(笑)。
前回の締め切りには諸事情で間に合わず、
残念に思っていたのですが、また受付中とのことなので、
なんとかひと言、寄せさせていただこうと思います。

まずは横浜公演に参加された皆様、お疲れ様でした。
そして、A.B.C-ZとKis-My-Ft2の皆さん。
初冠コンサート、おめでとうございます。

ファーストコンサート、いかがでしたか?
聞くまでもないのはわかっているのですが、一応(笑)。
私にとっても、端的に言おうとしてもなかなか言い難い、
濃くて素敵な時間でした。
きっと会場に来られた方々も近い思いだったのではないでしょうか。
どこも見回しても、笑顔ばかりを見たような気がします。
明日はもう代々木初日なんですね。
正直、横浜から今日まで…仕事ばかりであっという間だったのですが、
その間にも横浜でのことを想ってみたり、
代々木でのことを空想的に考えてみたり。
忙しい中においても、こんな楽しい時間の過ごし方もあったんだなぁと、
ほっこりしているところです。

コンサートや舞台、コンサートでの旅行やグルメツアー。
楽しいことが終わった後は寂しいけど、
いつも笑顔で帰り道を歩いている気がします。
思い出に浸りすぎて現実に戻りたくないこともあったりするのですが(笑)。
そんな気持ちにさせてくれる彼らや皆さんとの時間。
彼らの存在はもちろんですが、
彼らを取り巻くファンの皆さんのあったかい空気がとても好きです。
普段は彼らに対して独りよがりに書くことで応援するのが主なのですが、
時に誰かと一緒に盛り上がれたりするのもまた楽しくって。
私にとって最高に幸せな時間のひとつです。
これからもこういう機会があったらいいなと日々願っています。
そして、たくさんの方と一緒に楽しんでいきたいなと思っています。

この夏ごろから、橋本くんも合わせてA.B.C-Zですね。
最初はびっくりしたけれど、テレビや横浜で見て、
彼が入ったから出せる魅力もあるものだな、と思いました。
次は何が出てくるのかを楽しみにしています。
同世代だけだったA.B.C.4人に、一人彼が加わるだけで
見栄えも魅せ方もまた違うものですね。
彼もきっとプレッシャーがあるなかで頑張ったんだろうなぁと、
横浜でのパフォーマンスを見て思っていました。
4人のおにーさんが橋本くんにわやわやと世話焼きする姿も
なかなかオツな感じですよね(視点がオヤジくさい…笑)。
サマリーのころはなんだかぎこちなさもあったけど、
最近は少し5人が馴染んだような気がしています。

堅苦しいことは置いておいて、
何はともあれ代々木2Days…楽しみな週末がやってきますね。
2度と来ないこの週末、彼らも、私たちも。
最高の思い出になる時間が過ごせますように。

最後になりましたが、彼らにとっての記念の機会に、
お祝いの気持ちをここに残せたことも幸せに思います。
このような素敵な企画を発案された管理人様にも感謝の意をこめて。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 06:53 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

新しい明日へ

author:イロハ


こちらでは二度めまして、
イロハと申しますこんにちは。




さぁ、
代々木公演もいよいよ今週末に迫ってまいりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。


肝心のご本人達が
本番一週間前にまさかのソウル行きということで衝撃を受けましたが、
そのあたりのお話も代々木で聞けるのかなぁ、なんて。





ご本人達も、ファンの皆様も夢にまで見たファーストコンサート。

まさか横アリと代々木という大きな会場で、
合わせて5日間8公演という形で実現するとは思いませんでしたが。


今まで沢山の先輩の後ろを務めてきた彼らですから、
たくさんの
『これやりたい!』
があったかと思いますが、
やっぱり自分達メインとなるとなかなか難しいのでしょう…

殿に構成考えて!って泣きつくくらいですから(^_^;)





横アリが終わり、早一月弱。
代々木では更にパワーアップした、
素敵なコンサートになっていることを祈りつつ。





残念ながら自分は今回はお留守番ですので、
遠く西の地から念を飛ばしておきます(笑)



その日はとっつばりのMCやらねばならんので!
っと色んなとこで言ってるので、
自分も頑張ります◎



それでは皆様、素敵な時間を。



空 イロハ


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 06:51 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

『ありがとう』

author:ケイ


A.B.C.-Zファミリーの皆様、初めまして。
ケイと申します。

企画に参加させていただきたいと思いながら、とうとう締切日になってしまい、急いで投稿させていただてます。

1stコンサートのお話を聞いたときはただただ嬉しい気持ちがこみあげてきたのを今でも覚えています。

私は夏の間しばらく日本を離れてたので。
その間にA.B.C.に大きな変化が訪れたことに最初はついていけてませんでした。
今彼らに何が起きているのかが、整理しきれなかったんです。
しかし、彼らがA.B.C.-Zとなっても、彼ら自身は何も変わらないし。
A.B.C.-Zファミリーの皆さんが彼らを大好きだという想いをいっぱいいっぱい感じられたことが私にとっては嬉しくてなりませんでした。

A.B.C.-Zにはたくさんたくさん宝物をもらってます。
本当に私もキラキラ陰に陽に輝く彼らが大好きです。

そして、今コンサートが目の前に迫っています。

先日更新されたえび♥きすで、私の大好きな戸塚さんが書いてたことがすごく印象的でした。

彼らがどんな過去をもっていたとしても。
これがまた新しいスタート。
「ありがとう」の気持ちを送ったぶん、また彼らはきっと素敵なものを送り返してくれるんでしょうね。
そんな素敵なコンサート、本当に楽しみにしております。

私も予定をやりくりして、横アリラストに参加できることとなりました。
これをきっかけにまたA.B.C.-Zファミリーさんたちと交流できることを楽しみにしております。

A.B.C.-ZとA.B.C.-Zファミリー、Kis-My-Ft2とKis-My-Ft2ファミリーのみなさんで素敵な1stコンサートを作り上げていきたいですね。

読んでいただき本当にありがとうございました。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 13:05 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

いよいよ そしてありがとう

author:みゃーこ


皆さま初めまして。みゃーこと申します。



私がA.B.C.を意識し始めたのは本当に最近で、コンサート決定を知った時も

「行きたい…でも、私みたいな新参者が参加していいのだろうか」と悩みました。

でも、図々しくもコンサート、そしてこちらに企画に参加させていただきます。



A.B.C.に出逢ってから大切な存在があることの楽しさ、辛さ、

そして幸せさを実感しています。

色んな涙も流しましたが、A.B.C.そしてA.B.C.-Zと共に成長している気がします。



これからも色んな涙を流すことがあると思いますが、

これまでもA.B.C.を支えてきた方々はもっともっと涙を流されているのでしょう。

そんなA.B.C.-Zファミリーの皆さまの文章を読んでいると、

メンバー皆の素晴らしさが伝わってきます。

そして、A.B.C.-Z本人さまと同じくらいA.B.C.-Zファミリーの皆さまが大好きです。

それと共に、普段は自分のことが嫌いですが、

こんなにも愛されている人達を好きな自分には誇りが持てます。



短くてまとまりのない文章ですが、読んでいただきありがとうございました(^^)





最後にA.B.C.-Z Kis-My-Ft鵺の皆様、1stコンサート開催おめでとうございます!!!

まずは横浜アリーナでの3日間、それから代々木での2日間、

怪我なく無事にコンサートが行われることを祈っています(*^^*)


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 03:12 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

ファーストコンサート前夜

author:ゆみた


はじめまして、ゆみたと申します。
A.B.C.PEOPLEに今年の9月から登録させていただいたばかりの新参者ですが、どうぞ
よろしくお願いします。

新参者ゆえに様子見をしていたところ、あっという間にコンサート前夜となってしま
いました。
発表当初から趣旨に賛同し、ぜひぜひ参加したいと思っていましたので、本当なら
もっと文章を練ってから投稿すべきなんですが、参加を優先し今の気持ちをそのまま
書かせていただきます。乱文お許しください。

私が彼らを応援し始めてまだ2年足らずですが、それでもこの2年は濃い2年でした。
彼らを応援したくてもどの公演に付くかがまったくわからない状態で、バックのジュ
ニアを応援することがこんなに大変だとは思ってもいませんでした。
しかも、ひょっとしたらと思うとたいてい出ていて、これはないだろうと思っていた
公演にも出演している。
君らどれほど働くねん…。

舞台に1ヶ月出ながら合間に次の舞台のリハーサルをして、休演日には少クラ出演、
舞台と舞台の間には先輩のコンサートのバックダンサーまで…。
覚えなければならないこと、練習しなければならないことは膨大で、しかもお客さん
に見せなければならないというプレッシャーもあるでしょう。いくら若いと言って
も、並大抵の根性で務まるはずはありません。

そんな心配をよそに、彼らはひとたびステージに立つといつも笑顔できっちりしっか
り仕事をやってくれました。
スポットライトが当たっていなくても、ロープの準備をテキパキして、袖にはける時
も見えなくなるまで指先までしっかり気を抜かないし、弾けるときにはちゃんと楽し
んで盛り上げる。

彼らを見ていると真剣にアイドルという仕事に取り組んでいるんだなと、いつも尊敬
の気持ちでいっぱいになります。

そしてついに彼らの名前がタイトルに付いたコンサートが開催されることになり、
やっと出演確定の状態で申し込むことができました。
4人ともジュニアとして10年ほど経験がある人たちばかりで、これまで先輩のステー
ジをたくさん、本当にたくさん支えてきているから、引き出しにはいろんなものが詰
まっていると思います。
それらの中身は一度だけでは使い切れないほどでしょうから、今後セカンド、サード
とコンサートを続けて私たちファンに見せてくれるだろうと信じております。
そして、次は関東地方だけでなくほかの地方もまわってくださいね。

橋本クンについては、これまでの彼をあまり知らないと言うこともあってあえて触れ
ませんでしたが、お兄ちゃんたち(A.B.C.、キスマイの11人)が温かく時には厳しく見
守ってくれているようなので、私もこのコンサートで彼の頑張りを見守りたいと思い
ます。

ダラダラと書いてしまいましたが、基本「今を楽しむ!」この精神で横浜に乗り込み
たいと思います。
A.B.C.-Z、Kis-My-Ft2のみなさん、そして彼ら応援しているみなさんにとってこの
ファーストコンサートが楽しいものとなりますように…。

まとまりのない文章になりましたが、読んでいただいてありがとうございました。

:☆:*・*:ゆみた:*・*:☆:


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 04:13 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

いよいよ。

author:ぱんだ


はじめましてな方も、いつもましてな方も、こんにちは。
戸塚祥太くんを中心に、A.B.C.-Zを愛している、ぱんだと申します。
いつも、A.B.C.PEPOLE様には大変お世話になっております。

せっかくの素敵企画・・・是非とも参加せねば!!!
と思いつつも、何を記せばいいのか・・・と考えているうちに今日になってしまいました。

個人的にですが、めまぐるしく毎日が過ぎていき、カウントダウンする余裕もなくここまできてしまい・・・
気づけば、もう、すぐそこにコンサート当日が迫ってきております。

雑誌でご本人たちもコメントしていましたが、今頃、A.B.C.-ZとKis-My-Ft2の12人は直前合宿とかしてくれていないかな?
ネタとかじゃなくて、本当にしててほしいと思います。
今回のコンサート、DVDになるならば、そんな直前合宿の様子を、郁人くんのハンディで、映したオフショットなんかも、初回特典とかでつけてほしい!
なんていうか、カメラマンさんではなく、本人達の目線で本人達だからこそ見せる表情が見れるような気がするので。
なんて、考えてワクワクしたりしています。


そんななか、発表から今日までの自分の行動記・・・というか、軌跡というか、これまでの時間を振り返ってみたいと思います。


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

08月02日 友達からメールで開催決定を知る

08月12日 早速、ホテルの予約

08月24日 チケット振込

08月29日 追加コン発表。これも友達からのメールで。

08月30日 ホテルの予約追加

09月06日 コンサートに向けて美容院へ

09月07日 思いつきで、NEWうちわ作成

09月08日 チケット当落確認

09月13日 往復の新幹線のチケット購入

09月27日 チケット到着

10月04日 着ていく洋服選び

10月05日 NEWうちわ作成

10月10日 荷造り完了

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

美容院に行くのが、ちょっと早いというツッコミはなしで。笑
担当の美容師さんがお産でお休みされるから、その日しかなかったんですね。

そして、いつもなら、ホテルはまだしも、飛行機で行くなら早めにとりますが、新幹線の場合はいつもギリギリに取るんですけど…
今回はやる気満々ですね。笑
なんか、早く用意しなくちゃ!!っていう気持ちがあって、早々に手配したんですよね。



そんな手配した時の空気を思い出してみて、しみじみ思ったりもします。

発表があった時は、まだまだ先のコトの様に感じて、遠い向こうの夢の世界といったカンジでしたが・・・もう、明日なんですね。

現実なんですよね。
長い夢じゃないんですよね?

新幹線のチケットもあるし、コンサートのチケットもあります。
荷造りも済ませて・・・後は、会場に行くだけ。。。なんですけど。
まだ、現実味がない気もします。



本当、直前になって、テンパってる・・・そんなカンジですね。
自分自身、なに書いてるのか、段々わからなくなってきました。汗


あと数時間もすれば、10月11日〜13日の3DAYS、大きな歓声の中、沢山のファミリーの方々と同じ空気を吸い、同じ温度で、同じ時間を過ごすことになるんですね。
今回は来ることができなくて、お家でお留守番な方もいらっしゃるでしょうが、同じ会場にいなくても、公演中、その時間を、そわそわするのはどこにいても同じで。
その時間を共にすごせることを嬉しく思います。


最後になりましたが・・・

A.B.C.-Z
Kis-My-Ft2
ファーストコンサート決定おめでとうございます。


そして


戸塚さん
五関くん
郁人くん
塚ちゃん
ハッシー
みっくん
藤ケ谷くん
横尾ちゃん
ニカちゃん
千賀ちゃん
俊哉
玉ちゃん

あたしたちを横浜アリーナに連れてきてくれて、ありがとう!





最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 01:17 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

御礼

author:相澤悠


気付けば前日。
メッセを考えているのは21時過ぎという。
いつも仕事はぎりぎりな相澤悠です、こんばんわ。

コンサートを目の前にして、はて、何を言えばいいのやらです。
A.B.C.ファンになって早4年が経過しました。
この4年間、各コンサートへ「A.B.C.が出るんじゃないか」追いかけながらも振られ続け。
でも今回はそれがないんですね!
A.B.C.-Zという看板を背負っているからには、絶対出るんですよね!という新鮮さ。
いやー、ありがたい。
あんまり長ったらしく書いても、文才のなさを露呈するだけなので短く済ませようと思います。


ありがとう、A.B.C.!

おめでとう、A.B.C.-Z!

これからもよろしく!


以上、相澤悠でした!


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 23:57 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

明日の日に寄せて。

author:かのん


皆様、初めまして。

かのんと申します。

今回の素敵な企画、OPENされた当初から「絶対に参加したい!」と思っていたものの、私的にバタバタしていて…こんなギリギリになってしまいました。

ご迷惑だよなぁ…と悩みましたが、投稿させていただきます!

管理者様、大変申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

さぁ、いよいよですね!

当日会場へ行かれる皆さんが素敵なお土産を用意されたり、着て行く洋服に迷ってらっしゃるのを、羨ましいような、ただただ幸せな気持ちで拝見しています。

こんな素敵な時期に、自分のブログを更新する時間すら取れなかったのですが、ここで精一杯のお祝いを。

五関さん、戸塚くん、塚田くん、河合くん、そして橋本くん、本当に、本当に、おめでとうございます。

ステージの真ん中に立った瞳に映る光景が、最高の物であるように。

このステージに関わる全ての方が、幸せであるように。

遠くからですが、それだけをお祈りしています。

…乱文、失礼致しました。

ここに参加させていただけたことに、心から感謝しています。
ありがとうございました!


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 23:10 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

踏み出すFirst Step!

author:月草イカル


お初にお目にかかる皆さま、はじめまして。
お世話になっております皆さま、お久しぶりです。
月草イカルと申します。

いよいよコンサートも目前に迫ってきましたね。
思い返せばもう2ヶ月以上前、KAT-TUNコンサートの初日後に
各ブログ様で続々と一報が入っているのを目にしたときは
嬉しい気持ちと同時に(北山みっくんじゃないですが)これ何のドッキリ?と思ったりもしたものでした。
たぶん、「夢にまで見たファーストコンサート」なんだけど、
夢に見ていた期間が長すぎて、現実味がなかったのかもしれません。
届きそう?届くかな?どうかな?という時間が長かったから、
いざ手に入ったときにどうしていいのかわからなくなってしまったというか。
と言っても私が彼らを好きになってからは私のジャニーズファン歴の半分にも満たないんですけどね。
でもその間にも、彼らが「コンサートをやりたい」とおっしゃっているのは何度となく見てきましたし、
私もそれをずっと(半ば諦めつつも)望んできましたので、
それが今こうして現実として目の前に迫っているのがなんとも不思議な気分です。

最初の発表があってからも、追加公演、メンバー加入&ユニット名変更、再追加公演とさまざまな発表がありました。
正直その度ごとに動揺したり、意味もなくジタバタしてみたりもしました。
そんな中A.B.C.-Zの発表があってしばらくして、彼らのことを考えていたときにふっとiPodから流れてきた曲が
嵐の「Step and Go」だったんですね。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、私は嵐と掛け持ちのファンです。
嵐の歌う曲には幾度となく励まされましたし、そのライブパフォーマンスで元気をもらったこともたくさんあります。
「Step and Go」もそんな元気をもらった曲のひとつで、大好きな曲なんですが。

この曲自体は春の新しい旅立ちを意識した、ちょっと切ない要素もちりばめられた曲だと思っているので、
今のA.B.C.-Zやそのファンの現状に完全になぞらえられるわけではないと思いますが
すごくハッとしたのが、どんな未来が来てもこれまで積み重ねた日々の輝きは消えないし
現在は新しい次のステージ、新しい一歩のはじまりになる、というメッセージ。

きっと今回のコンサートも、彼らがいままで歩んできた道の集大成のひとつであり、
またA.B.C.-Zとしての、新しいはじめの一歩になるようなものなんじゃないかなぁ、
そうであってほしいなぁ、と思っています。

"根ってのは太く深く永く誇る"
               ―Step and Go/嵐

今までいろんなことを経験してきた彼らだからこそ、その積み重ねは確かに誇って良いものであるはずです。
その根っこから、一体どんな花が咲いて、あるいは何が実るのか。
もう少しの間、楽しみに待っていたいと思います。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 20:43 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family