TEAM:A.B.C. Family!Z 初の合同単独コンサート開催記念・A.B.C.-Zファミリーによるチームブログ。

初の合同単独コンサート開催記念・A.B.C-Zファミリーによるチームブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

明日の日に寄せて。

author:かのん


皆様、初めまして。

かのんと申します。

今回の素敵な企画、OPENされた当初から「絶対に参加したい!」と思っていたものの、私的にバタバタしていて…こんなギリギリになってしまいました。

ご迷惑だよなぁ…と悩みましたが、投稿させていただきます!

管理者様、大変申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

さぁ、いよいよですね!

当日会場へ行かれる皆さんが素敵なお土産を用意されたり、着て行く洋服に迷ってらっしゃるのを、羨ましいような、ただただ幸せな気持ちで拝見しています。

こんな素敵な時期に、自分のブログを更新する時間すら取れなかったのですが、ここで精一杯のお祝いを。

五関さん、戸塚くん、塚田くん、河合くん、そして橋本くん、本当に、本当に、おめでとうございます。

ステージの真ん中に立った瞳に映る光景が、最高の物であるように。

このステージに関わる全ての方が、幸せであるように。

遠くからですが、それだけをお祈りしています。

…乱文、失礼致しました。

ここに参加させていただけたことに、心から感謝しています。
ありがとうございました!


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 23:10 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

踏み出すFirst Step!

author:月草イカル


お初にお目にかかる皆さま、はじめまして。
お世話になっております皆さま、お久しぶりです。
月草イカルと申します。

いよいよコンサートも目前に迫ってきましたね。
思い返せばもう2ヶ月以上前、KAT-TUNコンサートの初日後に
各ブログ様で続々と一報が入っているのを目にしたときは
嬉しい気持ちと同時に(北山みっくんじゃないですが)これ何のドッキリ?と思ったりもしたものでした。
たぶん、「夢にまで見たファーストコンサート」なんだけど、
夢に見ていた期間が長すぎて、現実味がなかったのかもしれません。
届きそう?届くかな?どうかな?という時間が長かったから、
いざ手に入ったときにどうしていいのかわからなくなってしまったというか。
と言っても私が彼らを好きになってからは私のジャニーズファン歴の半分にも満たないんですけどね。
でもその間にも、彼らが「コンサートをやりたい」とおっしゃっているのは何度となく見てきましたし、
私もそれをずっと(半ば諦めつつも)望んできましたので、
それが今こうして現実として目の前に迫っているのがなんとも不思議な気分です。

最初の発表があってからも、追加公演、メンバー加入&ユニット名変更、再追加公演とさまざまな発表がありました。
正直その度ごとに動揺したり、意味もなくジタバタしてみたりもしました。
そんな中A.B.C.-Zの発表があってしばらくして、彼らのことを考えていたときにふっとiPodから流れてきた曲が
嵐の「Step and Go」だったんですね。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、私は嵐と掛け持ちのファンです。
嵐の歌う曲には幾度となく励まされましたし、そのライブパフォーマンスで元気をもらったこともたくさんあります。
「Step and Go」もそんな元気をもらった曲のひとつで、大好きな曲なんですが。

この曲自体は春の新しい旅立ちを意識した、ちょっと切ない要素もちりばめられた曲だと思っているので、
今のA.B.C.-Zやそのファンの現状に完全になぞらえられるわけではないと思いますが
すごくハッとしたのが、どんな未来が来てもこれまで積み重ねた日々の輝きは消えないし
現在は新しい次のステージ、新しい一歩のはじまりになる、というメッセージ。

きっと今回のコンサートも、彼らがいままで歩んできた道の集大成のひとつであり、
またA.B.C.-Zとしての、新しいはじめの一歩になるようなものなんじゃないかなぁ、
そうであってほしいなぁ、と思っています。

"根ってのは太く深く永く誇る"
               ―Step and Go/嵐

今までいろんなことを経験してきた彼らだからこそ、その積み重ねは確かに誇って良いものであるはずです。
その根っこから、一体どんな花が咲いて、あるいは何が実るのか。
もう少しの間、楽しみに待っていたいと思います。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 20:43 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

明日

author:とんぼ


締め切り日当日に失礼します。
そして皆さまはじめまして。とんぼと申します。


1stコンサート初日まであと1日。
先月中旬ぐらいから
「あと1ヶ月…あと1週間…!」と日々カウントダウンしてきましたが
それもあと1日(1回)なんですね。
この1日を越えたら待ちに待ったコンサートが始まるんですね。

今手元にあるコンサートのチケットを眺めながら
いよいよ始まるんだな、という実感を噛みしめつつも
本当に明日?みたいな感覚も少しだけ残っていたりするんですが、
それもきっと日付が11日に変わったら
そんなのん気なことも言ってられなくなるぐらい一気に緊張してそうです。

今回投稿するにあたって書きたいことがいろいろあったはずなのに
いざ書き始めてみたら、収集がつかなくなってまったので一言だけ…(笑)



河合ちゃん、ごっち、塚ちゃん、トッツー、そしてハッシー。



彼らが横浜アリーナで作り上げるステージを心から楽しみたいと思います。

そして明日からの3日間、
A.B.C.-Zにとって、またA.B.C.-Zファミリーの皆さまにとっても
素敵な思い出となる3日間になりますように♪


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 17:10 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

生きてることを感じたい

author:詩史


ハロー 皆様!
はじめまして! 
詩史と申します。

A.B.C.-Z&Kis-My-Ft.2 ファーストコンサートにあわせて
この企画が立ち上がって、A.B.C. PEOPLEに登録はしていないのですが、
参加させていただきたいと思います◎

ずっとずっと首を長くして待っていた
ファーストコンサートまで、あと2日。

正直なところ、ドキドキしてソワソワして、
「何か自分もしなきゃいけないことがあったんじゃ…?」と
「気楽に楽しみにコンサート会場に向かえばいいんだよー」
の両方に、針があっちにふれたりこっちにふれたりです。

すっごいドキドキする〜〜〜〜

女の人の頭の中は、
広〜いテーブルの上に、いろんなモノが乗ってるようなもので
仕事をしながら夕飯のメニューを考えたり、
デートしながら旅行の切符の手配を考えたり
同時にさまざまなことを考えるそうなんですが、
(男の人は引き出しタイプで、1つのことをしている時に
あまり他のことを考えたりしないそうなんです。脳の本によれば)

まさにその状態で、
何をしてても、いつもどこかで「コンサートかぁ〜」って
思いながら、この1ヶ月を過ごしたような気がします。
ホント気持ちがざわざわして落ち着かないです(笑)。

でも、同時にすごく楽しみでもあります。

やっぱりメインのコンサートは初めてなので、
そこに見える景色ってどんなものなんだろう?
どんなみんなが観れるんだろう?
って、ワクワクしています。

そして、みんなケガなく事故なく、
コンサートを楽しめればって、思っています。

お祝いの言葉もないですけど、
それは、それは、コンサートが終わってから…!

あーホントみんな頑張って……!!!!!!!!!!!!

そして皆様、週末を一緒に楽しみましょう〜〜〜◎

あまり内容がなくてすみません。
うまく頭が回りませんでした(笑)。

タイトルは「瞳をとじて」からとりました。

読んでくれてありがとうございました!


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 06:20 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

出逢えた喜びを言葉にできなくて

author:蜜柑


A.B.C.-Zファンのみなさん、はじめまして。
戸塚祥太くんファンの蜜柑と申します。





チームブログに参加したいと思いつつも、行動に出せずコンサート間近に迫ってしまいました。



毎回立派な記事が並び、私なんかが投稿していいんだろうかと思っていましたが、せっかくの機会なので、参加させていただきます。



改めまして、A.B.C.-Z・Kis-My-Ft2ファーストコンサートおめでとうございます!!





私は、A.B.C.ファンになってから嬉し涙を流すことが多くなりました。

SUMMARYの当選を聞いたとき、A.B.C.に初めて会えたとき・・・

そして、ファーストコンサートが決まったとき、コンサートチケットのA.B.C.-Zの名前を見たとき。



嬉し涙を流すたびに、『あぁ、ほんとにA.B.C.が大好きなんだな。ずっと応援したい!』と思います。



橋本くんが入って、どんなグループになるのか今からすごく楽しみです!





最後に、A.B.C.-Z・Kis-MyFt2のみなさん、コンサートに携わる全てのみなさんが、怪我などのなく無事にコンサートが成功しますように。

コンサート会場でたくさんのA.B.C.-Zファミリーのみなさんにお会いすることを楽しみにしています。



ここまで読んでいただきありがとうございました。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 05:31 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

未来へ・・・

author:くりぼう


皆さま、はじめまして。
いつもえびしぴ様にはお世話になっています。
くりぼうです。
ステキな企画に乗っからせてもらいます(*^^*)


まずは。。。。。

A.B.C.−Z
ファーストコンサート開催
おめでとうございます!!!


こちらをご覧の皆さまと、幸せを分かち合える喜びでいっぱいの私です。
こんな日がいつか来るといいなと夢見て
想い続けたコトが叶う日が来るのですね。

8月2日 KAT−TUN@東京ドームでの突然の告知。
その瞬間に立ち会えたコトに感謝。


思い起こせば・・・・・
って、昔話しを語ったらキリがないので割愛しますが^^;

11日から横浜アリーナという
先輩たちのコンサートで、バックをたーーくさんつとめた会場で
自分たちのコンサートを開くまでになったのですね。

ほんとにほんとにおめでとう。
Kis-My-Ft2のメンバーと、新たに仲間になった橋本君とともに
彼らたちにしかできない最高のパフォーマンスを
私たちファンに魅せてくれると信じ楽しみにしています。
私たちに出来ることは
ステージの彼らたちも一緒になって楽しんでもらえるよう、チカラいっぱい応援すること。
いつも心に抱いている大切な思い「ありがとう」の気持ちをこめて。

もうすぐだね。
横浜アリーナへ、君たちに逢いに行くよ。
しっかりこの目で見届けさせてもらいます。
まばたきさえも忘れるくらいに・・・



。.:*・゜゜・*☆*・くりぼう。.:*・゜゜・*☆*・


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 22:59 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

遠くて果てしない旅の始まりに

author:彩乃


初めまして。
A.B.C.-Zのファンであると同時に、A.B.C.-Zファミリーの皆さまのファンでもある彩乃です。

このチームブログに着々と色々な方々の記事が連なっている今日この頃に、自分も書いてしまったことが申し訳ないような、でも光栄な気持ちでいっぱいです。




そして、いつも素敵な企画の発案と運営ご苦労様です。日々楽しく読ませて頂いております。





で、改めてまして!
A.B.C.-Z Kis-My-Ft2 ファーストコンサート開催おめでとうございます!!



本人たちの喜びもさながら、A.B.C.-Zファミリーの皆さまの喜びも計り知れないものでしょう・・・っていう卒業式の校長式辞的な言葉しか見つかりません(笑)


現に、こうした素敵な企画に参加させて頂いたり、拝見させて頂いたりと、ファーストコンサートに向けて想いは募る一方ですね。



ただ、まだまだ実感が湧かないのが正直なところでして・・・。


彼らのユニット名が書かれたチケットを見た時に一番驚いたぐらいですね。

今まで当たり前に思っていたチケットやグッズも、本当はすごく貴重なものなのだと、単独コンサートになって初めて理解しました。


今回は、グッズも沢山でますし、皆さまお金の使い過ぎにはお気をつけ下さいませ(笑)




まだ見たことも会ったこともないA.B.C.-ZファンやKis-My-Ft2ファンの方々が大勢いらっしゃいますが、同じ空間で同じ時間を共有できることを楽しみにしております!





と、こんなかんじに抽象的かつ漠然としか書けないんですが・・・。


よろしいでしょうかね?←聞いてどうする。


ここはひとつ、A.B.C.-Zのメンバー1人1人への個人的思い出話でもしようか!と、意気込んでいましたが、気づいたら開催間近で流暢にしてる場合じゃなくなってきました。


徐々にジェットコースターで頂上へ登っていく心境です。




そういえば。
数年前に、友人と「もしもA.B.C.が単独コンサートを開催したら!」というテーマで盛り上がった時がありまして。

その時は、本当に単独コンサートが実現するとは思ってもいなかったので、今となっては本当に不思議なものですね。


当時の自分に会いに行って語りかけたいぐらいですよ、


「本当にコンサートは開催するんだよ!」って。


今の私同様に、当時の私もあたふたするでしょう。



きっと多くのファンの皆さまもそうなのではないかと。
嬉しい反面、何のことだか状況がのみ込めず、あたふたしてるのではないかと。


結局は、当日にならないと分かりませんけどね・・・!



オリジナル曲も沢山ありますし、構成とかどうなってるんですかねー!(わくわく
さんですねー!)







最後に、横浜アリーナでの3日間、出演者全員がケガなく無事にやり遂げられること、またファンの皆さまもケガなく参加できますことを心からお祈り申し上げます。


ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 12:57 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

桜梅桃李

author:アオト


「桜梅桃李」という言葉をご存知でしょうか。


初めましての人も、そうでない人も、ごきげんよう。アオトと申します。
素敵な企画に自分のような新参者が・・・と若干緊張気味ではありますが、
感慨深い1stコンサートへの思いを駄文ながらつづらせていただきたく参上致しました。
企画者様、このような場を設けてくださり本当にありがとうございます。
この場で改めて御礼申し上げます。
さて。
先ほども触れました「桜梅桃李」の言葉。
桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく。
それぞれがそれぞれの花をありのままの姿で咲き誇る。
そんな花たちのように、人生を咲かせ、実を結ぶ、仏法の教えだそうです。
私の好きな言葉の一つであります。
そんな「桜梅桃李」
まさしくA.B.C.-Z&Kis-My-Ft2を表すような言葉だと自分で勝手に解釈してみたり。
個性的な色を持ったメンバーたち。
それぞれがそれぞれ「らしく」ステージの上で咲き誇ってくれたら。
ファンとしてそれ以上幸せなことってないんだろうなぁと、ぼんやり思っています。
・・・実は未だに「コンサート間近」という実感が沸かずに、
週末には横浜の空の下かー。あっちは気候どうかなー。雨降らないといいなー。
何着てこうなー。お土産どうしようなー。勝負下着は何色がいいかなー。
と、お恥かしいことに、思考がコンサート、というよりは自分の身の回りの事に手一杯でして。
ほわほわと頭の片隅にコンサート!という意識はあるのだけれども。
落ち着いているような。でも楽しみで楽しみではしゃぎまわりたいような。
・・・なんというか、例え方が非常に低レベルなのですが、
こう、「自分の孫が学芸会で大役やるからいそいそと喜んで見に行く祖父母」・・・的な。
(決してコンサートが学芸会とかそういう意味ではなくてニュアンスですニュアンス)
ああ、でも。よく考えてみれば、落ち着いてるのは彼らへの信頼とかがあるからかなぁ、って。
勝手に信頼してるだけ、と言ってしまえばそうなんですけれども。
「彼らなら大丈夫!」って。「きっといいものを見せてくれる!」って。
そして、どんな形であれそれを受け止めて楽しめる自分がいると思うから。
きっと皆さんもそうですよね。


ひどくまとまりのない文章で読みにくかった事と思いますが、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
これ以上長くかくとボロが出そうですので・・・。無理矢理ですが締めさせていただきます。

A.B.C.-ZそしてKis-My-Ft2の12人の皆さん。
そしてファンの皆さん。
本当に本当に1stコンサートおめでとうございます。
自分も客席の片隅でこっそりと、咲き誇る君たちを見つめたいと思います。


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 09:22 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

Could you find the star?

author:イロハ


初めましての方も、そうでない方もこんばんは。
戸塚さんを筆頭にA.B.C.-Z大好き、イロハでございます。



いつか…とご本人達もファンの方も心待ちにしていた日がもうこの週末に迫って
おります。

今はきゃーきゃー言ってはしゃいでますけど、
実際その場を目にしたら、
泣きそう。



あらかじめすっぴんで行きたいです(笑)





A.B.C.は元々誰がメインにきてもいけるグループでしたが、
はっしーが入ったことで個人的にそれが更に強くなったのではないかなーっと思
っております◎



しんちょうてきにははっしまんなかがいちばんよ…(以下自粛)





基本フリーダムなグループなので、
最年少はっしが締めてくれることを期待して。
(某5人組の先輩のように)








あと、一つ提案なのですが、
えびきす共に


オリジナル曲以外はお客さんのリクエストでやってほしい!


バンドでFIVEかQuestion?がついてくれれば、
今からでも出来なくはない、





…と思う。







関係者の方、
ご覧になっていたら是非ご検討を(笑)


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 20:36 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family

こしょばゆいですが

author:もりながシーザー


はじめましての皆さま、こんにちは、もりながと申します。
何度目ましてな皆さま、いつもお世話になっております。もりながです。

書こう書こうと思っているうちに、あっという間にコンサートが今週末に迫ってしまいました。
毎日電車の中でぼんやりとA.B.C.-Zについて考えては気の利いた言葉は見つからず、
なんとかこうして姿勢を正して書き始めてはみたものの、
改めて言葉にすると……こしょばゆい。自分ポエマー?な勢いでこしょばゆい。

沢山の方が投稿されているところに自分の文章が載るこしょばゆさもさることながら、
改めてA.B.C.-Zへの想いを振り返って言葉にすると……こしょばゆいです。



いつもふざけ合っている友人に面と向かって「ありがとう」と言うような、
ずっと一緒にいた友人に「これからもよろしく」と言うような、
自分の誕生日に親に感謝の言葉を贈るような、
そんなこしょばゆさです。(柄にもなく)



自分のブログでは彼らのキャラクターのクオリティから
どうしても面白おかしいネタ扱いにしてしまうのですが(すみません)、
A.B.C.を好きになってから「かっこいいなーすきだなー」という気持ちはずっと変わっておりませんし、
A.B.C.-Zの始動を見届けてから「まだまだこの子達のこれからを見ていたいなー」という気持ちでもあります。
ただ、ファンに成り立ての頃より素直に「かっこいい!だいすき!」と言えなくなっているのは、
それはそれで自分なりに彼らをしっかり見て来られたが故の愛情表現でもあるのかな、と、
この企画の為に文章を書き始めて気がついたりしました。
ファーストコンサートは改めて感謝や想いを見つめなおせる場なのかと。

と、まとまりはないですが、そんな想いでファーストコンサートを待ち侘びております。
まずはこの3日間、A.B.C.-Z、Kis-My-Ft2誰ひとり欠けることなく、
怪我のない素敵なステージになることを祈っております。
そしてラストには皆で男泣きしたらいいじゃないか!
(鼻セレブと木綿のハンカチーフぐらいは用意しときますぜ!)

また沢山のA.B.C.-Zファミリーの皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

もりながシーザー


※コメントは、現在【承認制】となっております。

Messages. | 09:19 | comments(0) | - | TEAM:A.B.C.-Z Family